自立コース

本気を楽しめる社会貢献、
それがドリームマップ授業です。

「誰かを笑顔にしたい、社会を良くしたいと思うけど、寄付やボランティアより、もう少し積極的な活動はないかな?」とお探しならば、「ドリマ先生 for junior」はまさにぴったりです。

「「何をするの?」それは、夢を持って日々を楽しみ輝いている大人として、子どもたちに『主体的に生きる力を育むキャリア教育・ドリームマップ授業』を届けること!
小学校や中学校の要請を受けて行う出張授業にドリマ先生として参加する社会貢献活動です。

ドリームマップ授業は、子どもたちの生涯の幸せを願うドリマ先生の本気のギフト、みなさまも一緒に、そのギフトを子ども達に届けませんか。

子ども達に貢献したくても、私には何もできることがない、自分の専門では子ども達と接点が持てない、そんな方にもドリマ先生になれば子ども達に必要な授業として、届けられる可能性が広がります。もちろん、そのために必要な知識とスキルは社会貢献コースでしっかりと実践し身に付けられます。」

ドリームマップ授業は、子どもたちの生涯の幸せを願うドリマ先生の本気のギフト、みなさまも一緒に、そのギフトを子ども達に届けませんか。

全ての子ども達に生き抜くチカラを!

キャリア教育・ドリームマップ授業は、2004年に経済産業省の採択をきっかけに全国の小・中・高校に導入され、2017年には累計6万人以上の子ども達が公教育の場でドリームマップを作りました。
当初は職業を決めることが主流でしたが、少子高齢化やグローバル化が進む社会の変化、ICTの高度化やAIの急速な進化に伴う産業界の激変がますます加速するこれから、誰も経験していない成熟社会を生き抜く子供たちにとって、自分の大切なことは何か、幸せな人生とは何かを知ること、どんな状況でもぶれない自分軸を持つことが生きる力になります。

全ての子ども達が自分で生き方を決めて幸せになるためにドリームマップ授業を届ける!これが社会貢献コースの目指すゴール、ドリマ先生が共有する夢です。

ドリームマップ授業はドリマ先生がチームで活躍。

1時間目から6時間目まで、丸一日夢について考える日がドリームマップ授業です。ドリマ先生は各クラスに2名ずつ入り、それぞれの役割を担うチームになります。

  • メインファシリテーター:1日の授業全体を中心になって進めていく人。
  • サブファシリテーター:子どもたち一人一人をサポートする人。

ドリマ先生は、教室内でなんでも聞ける、子どもたちに一番近くで寄り添うサポーター、子どもたちにとっては自分のことを見ていてくれるうれしい存在です。

私たちが手にするもの、それは未来への希望と自己の成長です。

ドリームマップ授業は子どもたちが主役です。目の前で描き出される一人ひとりの夢は、キラキラと輝き優しさとあたたかさにあふれています。

子どもの中にある想いに気付き、その子とその子の創り出す未来が輝き出す瞬間に立ち会っている手応え、それはドリマ先生の至福の時です。

子ども達の笑顔はドリマ先生の心に火を付け、授業を支えるプロデューサーとなる研修、そしてドリマ先生を育てるトレーナー研修へと学びを促すエネルギー、大人私たちも成長させてもらいます。

楽ではないが楽しい!を共に味わいましょう。

ドリマ先生 for juniorの活動は、自分も相手も社会も幸せにする確かな実践です。子どもの未来を応援したい、その想いを行動に移すのは、決して楽なことではありません。
「社会貢献コース」には、一緒に学ぶ仲間がいます、必要な知識とスキルを身に付ける確かなプログラムがあります。数年後に進んできた道を振り返ったとき、思っていた以上に遠くまで来ている自分を発見するでしょう。

ドリームマップは人の無限の可能性を引き出すツール、それをあなたが使えるようになるのです。
ドリマ先生 for juniorのコミュニティーは、共に楽しい未来へ歩むみなさまをお待ちしています。

詳しくはこちら学校応援サイト