自立コース

『ファシリテーター』とは

会議やミーティングの場で、会議への参加や発言を促したり、話の流れを整理したり、認識の一致を確認するなど、合意の形成や相互理解をサポートし、組織や参加者の活性化を促進させる手法のことを、ファシリテーションと言い、 この手法を実際に用いる人をファシリテーターと呼びます。

ファシリテーターは、自身の意見を述べることや、自ら意思決定することはなく、中立的な立場から活動の支援を行います。

『ドリームマップファシリテーター』とは

ドリームマップファシリテーターのベースはコーチングマインドです。

「大切な人を、その人が望むところまで送り届ける」馬車(Coach)が語源となっているコーチング。その人自身が目的地を決め、自分のチカラで進むことを大切にし、その目標達成を促します。

自分らしい夢を描くときに、気持ちをせき止める障壁や、表現することへの抵抗、夢を持つことの不安などで、迷ったり立ち止まったりするとき、コーチングのスキルである「傾聴・承認・質問」を用いながらありのままを受け入れ、ときに提案し、夢を描くことに共に伴走するのがドリームマップのコーチングです。

ドリームマップファシリテーターは、参加者間の対話を促し、参加者の自己内対話の活性化を促進し、コーチングのスキルを用いながら、「すべての人に可能性がある」「答えはその人の中にある」と信じ、夢が湧き出る場を作ります。